実は、消費者金融会社の中には違法な会社も多く

実は、消費者金融会社の中には違法な会社も多く存在しています。いわゆるヤミ金と呼ばれているところ、連絡先が携帯電話になっている、090金融などは悪徳な消費者金融ですから注意が必要です。たとえばどんな消費者金融が違法なのかについて考えてみましょう。まず、利息が手数料を入れたとしても、年率29.2パーセント以上になっているならば、確実に法律違反になります。消費者金融に関する法律のひとつである出資法では、上限利率を29.2パーセントと定めています。それ以上の利息を取る場合、この出資法に違反することになります。もし、消費者金融で借入をして、気がつけば自分ではどうしようもないくらいの天文学的金額に借金が膨れ上がっていた場合、すぐにでも国民生活センターもしくは、全国貸金協会連合会に連絡してみてください。詳しい事情を聞いて対応について相談に乗ってくれます。また、消費者金融の取り立てが、夜の7時を過ぎてもしつこく電話が来る、家族のことで脅しをかけられた、職場に関して脅しをかけられたという場合にも、これは違法行為になりますので、しかるべきところに相談するようにしましょう。消費者金融での借り入れは、基本的には保証人も担保も不要です。そういう前提の契約ですので、家族や本人以外の人が返済をする義務はありません。ですから、家族や配偶者、会社に返済をしてもらうという脅しがあっても、それに応じる必要は必ずしもありません。消費者金融の違法行為によって迷惑をこうむっている人、もしくはそのような目にあう可能性があるという人は国民生活センターや日本消費者金融協会で相談を受け付けていますので、ぜひ相談するようにしてください。

消費者金融からお金を借りる際、消費者金融の金利を

消費者金融からお金を借りる際、消費者金融の金利を見てから借りなければいけませんよね。わかってはいるけど意外に難しいのが金利です。消費者金融の金利には下限金利というものと上限金利というものがあって、下限金利は最も低い金利、上限金利とは最も高い金利を言います。このような差があるのは、申し込みをして新規に融資してもらう場合には、年利が最高になるのですが、きちんと返済して実績を重ねれば年利はだんだん下がっていきます。だから、消費者金融の実質年利は幅を持って紹介されていることが多いですが、最初は上限に近い年利から始まるのです。
消費者金融の金利について、法的には出資法による上限金利というものがあります。こちらで定められている上限金利は、29.2パーセントとなっていてこれ以上の金利でお金を貸した場合、出資法違反になります。そして消費者金融には利息制限法による上限というのがありますが、こちらは十万円未満の借入の場合には20パーセントを超えてはいけないことになっていますし、十万円以上で百万円未満の場合には18パーセント、百万円以上で15パーセント以上には設定してはいけないことになっています。
では消費者金融の金利で20パーセント以上の利息を払っていた場合、この時は過払いということで請求によってお金を取り戻すことが出来ます。これが俗にいう消費者金融の過払い請求です。独力でも過払い請求はできますが、少々知識が要りますので、弁護士や司法書士など専門家に依頼して、金利の過払い分を返還してもらうのが良いでしょう。

今回は、消費者金融の金利引き下げについてご説明しま

今回は、消費者金融の金利引き下げについてご説明します。消費者金融の出資法による上限金利は年率が29.2パーセントということでしたが、その金利を引き下げ、利息制限法の上限である年率15パーセントから20パーセントを適用することになりました。これは消費者金融によって多重債務者をこれ以上増やさないために新しくできた制度です。しかし、この消費者金融の金利引き下げによって消費者金融側としてはかなり厳しい経営状況になるということで、少額ないし短期の貸付の場合には消費者金融側が上乗せ金利をしてもいいという特例が付けられました。そのような事情で、消費者金融におけるグレーゾーン金利が全廃、ということにまではなりませんでした。ところで、この消費者金融のグレーゾーン金利が何かご存知でしょうか。これは利息制限法で決められている上限の15パーセントから20パーセントと、出資法の上限の29.2パーセントの間の9.2パーセント分をいいます。グレーゾーン金利といっても、上限金利の引き下げがすべてにおいて適用されていれば、この消費者金融におけるグレーゾーン全くなくなっていたのですが、まだまだそこまでは進められず、現状ではグレーゾーン金利は残ってしまっていますし、それによるトラブルも依然として存在します。しかし消費者金融の金利引き下げによって、それまでのルールに従っていて払い過ぎていた人は過払い請求が可能になりました。その結果、消費者金融からの借り入れの残高が減った人や、手続きをしたら完済できたという人も出てくるようになりました。

消費者金融へのお金の返済に困っているという人は、

消費者金融へのお金の返済に困っているという人は、まだまだ後を絶ちません。消費者金融への返済が滞ってしまった場合、返済できなかった人はどうなってしまうのでしょうか。消費者金融でお金を借り入れ、その後、返済が不可能になった人は実に多いそうなのですが、その理由はやはり、高い金利が原因だといわれています。消費者金融は金利が高いということは知ったうえで借入をしているはずなのですが、それでも無計画に借入を続けてしまい、借入額が膨らみ、結果、返済に苦しむようになってしまったという人が多いです。消費者金融で返済できなくなってしまった人は、その先どうなるのでしょうか。すぐに自己破産しなければいけないと思っている方も多いかと思いますが、消費者金融の返済ができないイコール自己破産ではありません。他にもいろいろと清算する方法はあるのです。たとえば消費者金融の金利は高いのですが、利息を過払いしているという可能性もあります。その場合には過払い請求という手続きによって元金が減額されたり、場合によってはすでに完済できている、また完済できた上にお金が戻ってくるというケースもあります。消費者金融への返済が滞ったからといって、必ずしも自己破産ではなく、専門家に相談しながら対応を探しましょう。だからといって無計画に借り入れると返済が難しくなるので、消費者金融への返済をしっかりと続けて完済するためにも、やはり事前に計画をきちんと立てて借り入れすることが一番大事です。

今は会社も増えてきたので、消費者金融を金利で選

今は会社も増えてきたので、消費者金融を金利で選ぶという人も多いのではないでしょうか。金利で選んだ場合、一番選ばれている消費者金融は今はどこになるのでしょうか。金利の低さで言えば、消費者金融のモビットが今とても人気です。モビットは実質年率が15パーセントから18パーセントと、消費者金融の中でも低い金利で貸し付けを行っています。消費者金融を金利で選んだ際には、その次に選ばれているところとしてはアットローンやDCキャッシュワンなども選ばれています。これらはモビットと同じ金利です。この三つはいずれも、金利が15パーセントから18パーセントで、限度額も300万円です。なぜこの三つの消費者金融は金利が低く設定できているのでしょう?この三つに共通しているのは、銀行系の消費者金融だかということです。モビットも銀行系の消費者金融ですし、アットローンは三井住友銀行の消費者金融、DCキャッシュワンは三菱東京UFJ銀行系の消費者金融です。やはり銀行系の消費者金融は、銀行の資本とノウハウがあるため、他の消費者金融に比べると金利が低く設定されていることがわかります。銀行系以外の消費者金融の金利を見てみるとアイフルが下限12.775パーセントと安そうですが、上限が28.835になっていますからグレーゾーン金利も含みます。同じくディック、アイク、アコムなども同じような金利設定になっています。消費者金融を選ぶ際には、金利を見て選びたいところですが、銀行系の消費者金融は金利が低い分、審査が厳しいのが特徴なので、状況に応じて複数の候補をもっておくのが良いでしょう。
亀頭増大サプリ


TOP PAGE